夕方の匂い

冬近くなると、特に感じるね。

 

夕方の住宅街を歩くと、

台所の換気扇から夕飯の匂いがするの。

 

寒いから、

締め切った家の換気扇だけが、

外に外気を出す通路。

 

濃ゆい匂いがするんだな。

 

しかも夕飯の時間も、

どこの家も、

あんまり変わらなかったんだろうな。

 

ガチャガチャ

トントン

ジャージャー

おたまと鍋の触れ合う音や、

まな板で野菜を小気味好く切る音、洗い物の音。

 

 

時に子供に宿題や、

明日の準備をうながすお母さんの声が聞こえたりして。

 

このうちの匂いかな?

あのうちの匂いかな?

カレー?
煮物?
焼き魚?

なんて、昔は家に帰る足を早めたもんです。

 

ただ、単純にお腹が空いただけだからね。

早く帰りたかった。

 

しかも、コンビニもなく、

冬の夕方は暗くなるのが早く、

夜は街灯が主でしたから。

 

昔よりは大分少なくなってきたけど、

この夕方の匂い、

なんとなくあったかい気持ちになれるのは、私だけかなぁ。

 

今は思い出したら、

裏の家は、毎朝6時半になると、

まな板の音が

トントントントントントン

いつも聞こえていた。

お味噌汁を作っていたんだね。

 

材料は、大根的な感じ。

毎朝大根だったのか?(笑)は謎だけど。

 

あのリズムは、大根以外考えられない!と

子供ながらに思った。

 

40年以上前の話しでした。

でも、夕方の匂いは、アロマ効果ぐらいに好きだなぁ♡

 

Jenny♥

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram