経験の軌跡

私の経験の中で、

とても素晴らしい経験をしたと思っている事実を、

そのまま、伝えて行きたいと思います。

 

実際にやり取りした手紙を元に、

記憶をだどりながら、

急性白血病で亡くなった、1人の子供の軌跡を綴ります。

 

 

 

初めは、私がしている飲食店の

お客様との出会いです。

 

義母が、連れてきてくれました。

 

今は亡き私の父の後の再婚相手です。

 

 

その後に、1人で飲みに来てくれました。

某都市銀行のポジションを持って居る人でした。

 

年齢は、私より1歳下で、結婚をしている人で、

子供も2人、上は女の子、下は男の子です。

 

当時は、上の娘ちゃんが結婚をしていて、

下の息子は、高校に上がったばかりでした。

 

私の下の息子と2歳違い、2歳年下でした。

 

そんな出会いから、子供の話しでも盛り上がりながら、

夫婦関係についても、色々話していました。

 

彼は、夫婦関係が上手くいっていない様でした。

離婚したいと思っているようでした。

そんな流れがありながらの、いつもの会話でした。

 

仮名ではありますが、

話しの流れをお伝えして行きますね。

 

とにかく、子供を持つ親として、

母性が無意識のうちに働いてしまう私だからの話し

と思って聞いてくださいね。

 

ちなみにこれからの話しは、

お客様は佐藤諒(仮名)さん、

息子は佐藤康太郎(仮名)です。

 

続は次回にしますね。

 

Jenny

 

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram