生バラちんな息子

って題名、分かりにくいですよね。

昔ってね。

その昔って言うのは、

そう、30年以上前は、行方不明の人の家族がテレビに出て、

目撃情報とかを求めて、一般の人の情報を募って、探してもらう番組があったの。

当時は、情報の少ない時代だったから、公開で探してもらう形。

 

その後は、テレビ局に探してもらう依頼をして、

テレビ局で探してもらって、結果を放送する、ご対面番組みたいになって行ったの。

この番組は、家族だけでなく、恩師や友達なんかも探してくれた。

 

 

もちろん、相手が会いたがらない場合もあるし、見つからない場合もある。

この番組が、バラちん人生?なんだ、番組名を忘れてしまったわ。

ごめんなさい。アナウンサーの徳光さんとかが出演していた番組だったの。

 

ここまでだと、何の話しか分かりませんよね。

 

そう、下の息子は1歳の時に私が離婚してから、

お父さんには会ったことがなかったの。

それがなんと、子供が17歳の時に、

別れた元夫が飲みに来ると言うではありませんか、、、

断る理由もないので、どうぞと、来た訳ですね。

 

そう、その日は他に誰もお客さんは居ませんでした。

そうしたら、バイトから帰った息子が夕飯を取りに店に来た訳ですね。

厨房と客席はカーテンで仕切って見えないようになっているんですが、

はてさて、どうしましょ。

 

距離はカーテンを隔てて3m。

こりゃあ言うしかないでしょ。

なんて?どうする?

しょうがない、酔いにも任せて私は言った。

 

「竜ちゃん、サプライズ、お父さんだよ」

と言って、カーテンを引きました。

 

そこからが、ご対面で、

お父さんは、「悪かったな」

竜ちゃんは、言葉にならずに肩を大きく上下に揺らしてポロポロと泣いています。

お父さんも、涙を流しています。

 

少し落ち着いて、話し始めましたが、

ちょっと落ち着いたら、ちょっとおこずかいかなんかもらって、

お父さんは帰って行ったのです。

 

それからお父さんから連絡でもあれば違かったのかもしれない。

また会いたいとか、連絡は無かった。

確か再婚していたからかな?

 

そう、それから会った事はないんです。

しかも竜ちゃんは、

「一回会ったからいいや」じゃんじゃんです。

 

その話しを、甥っ子にしたら、爆笑しながら、

「生バラちんじゃん」だって、笑。

テレビじゃないからね。

みんな大笑いですわ。

 

私ね、この竜ちゃんに暗示かけてたかもしれない。

「竜ちゃん、親が居ないのと、不良になるのって関係あると思う?」

「んー、ない」

他に暗示はたくさんあるんだけど、

代表例は、

竜ちゃんが「お腹痛い」と言えば、

私は「う◯こすれば治るよ」

それで解決。

 

小学生の時から言ってたと思う。

こんな感じでしたので、今みたいに育ったのかなぁ。

 

元々その気、不良とか関係ない、のんびり穏やかな子なんです。

 

て言う訳で、感動の親子の再会すら、

人生の一コマと受け止め、

明るく笑いネタで行けるような人生は、あなたにも出来ますよ。

 

何か起こっても、時間経ったら、笑って生きるのが、いい♡

あるがままで居られる事を、お伝えして行きたいです。

 

Jenny❤︎

 

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram