救急車とパトカー

私が呼んだ回数を数えてみました。

なんのこっちゃですが、ふと思ったの。

こうゆうの呼ぶ!って、緊急時ですよね、

それって、なんか勇気いりますよね。

で、数か月前に、ちょっとおかまほってしまい、

私が110通報することになったんですね。

 

だから最後の110通報が11月になるんですが、私。

この時は相手の方に言われまして、

「通報はお願いします」

「はい、110でいいんですよね?」

「そうですね」

この時は、ほんとにコツンでして、相手もケガもなかったので、

物損事故!と言う処理で、免許には傷?笑、がつかなかったので、ラッキーだったんです。

いや、ラッキーとはいいつつ、あなたは気を付けてくださいね。

 

最初にかけたのは、やはり110だった。

何年前か、だいたい20年近く前だと思う。

母がマンションで一人暮らしをしていて、4階に住んでいたんですね。

 

ちょっと荷物を取って来るだけだから、

私は車を下に付けて待ってる事にしたんです。

少し経つと、裸足で階段を駆け下りて来た母がガタガタと震えながら、

「ドロボーに入られた」と。

車を停めて4階に行きました。

ままっ、惨状です。

大きな金庫開けられ、ひっくり返し、

箪笥の引き出しはあけまくり、

まあ、そんな程度と言えばそんなんですが。

 

2DKの2間続いた和室にめちゃめちゃに引き出されていた訳です。

そこで、私は「110番」

住所、名前、通報者の続き柄なんかを言ったんだと思います。

ほどなくおまわりさん登場しました。

 

まずは、

「こちらには入らないでください」

検証をしてくれまして、その時間2、30分位だったと思います。

検証風景を傍観です。

 

「取られた物はなんですか?」

他人事?ではないけど、自分の物じゃなから傍観ですが、

いきなり、何取られた?って分かる訳ないじゃん?と、、、、

驚きました、笑いそうになりました。不謹慎な娘です。

 

だってさ、命あるだけいいじゃん!なんて人なんですから私。

 

そう、この当時中国人の3人組で空き巣に入るのが、

流行っていたんです。

おまわりさんも、「その場に居なくてよかったですね」と、

「出くわした人を殺すのなんか、何とも思ってませんから!」と。

だから尚更、不謹慎です、私。

 

「生きてるだけでいいじゃん」とね。

 

その後になるにつれ、

宝石を取られたの、

何だのと母は言ってましたが、

まあ、生きてて良かったと思っています。

 

余談ですが、

この事件の少し前から、

「空き巣が気になる、、、、」と言っていたんです。

 

この4階のマンションは、

そこそこの通りからお見通しで、

階段は室内階段でした。

なので、何日も留守にしていれば、電気がつ付かないので留守がバレます。

何日か張って居れば、生活パターンや、

勤め先なんかも分かっていたかもしれません。

近くだったので。

 

そして、この人達は3人組で、

10分程で仕事を終わらせるそうです。

今日は、パトカー話しで終わっちゃいましたね。

続きはまたね。

 

Jenny♥

 

 

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram