救急車

救急車、ほんとはお世話になりたくはないですね。

でも緊急の時は、やはりお世話になるのが一番です。

 

躊躇せずに119掛けて下さいね。

 

私は、救急車に初めて乗ったのは、下の子が4歳の時でした。

上の子は、救急車に乗った経験はありません。

 

大宮(旧大宮市、現さいたま市)の三橋公園と言うところに、

リトルカブの後ろに子供を乗せて、遊びに行ったんです。

それはそれは、熱い夏の日でした。

 

そこはアソレチックがあるので、遊ぶのにいいかなぁ!と行ったんです。

 

そう、たくさん遊び、

お弁当を食べて、

それから、

噴水のある水場に行って遊んで、

くるぶし位の深さだったんです。

足元が冷えたので、変化が起きたみたいです。

 

そこに入って上がったら吐いてしまい、

そこはプールのある公園でしたので、

管理の人がいたので、

近くに居た人が声を掛けてくれて、

しかもシートマットを差し出してくれて横にならせてくれました。

すぐに救急車を呼んでくれました。

 

たまたま、プールに看護士さんも居て、直ぐに出て来てくれて、

脈拍、熱を測ってくれました。

 

なんと熱は、39度を超えていました。

 

何?

ご飯も食べて、遊んで、

そう、この下の息子、熱に強いんです、、、、、。

 

救急で運ばれた、さいたま赤十字病院で、

検査をして、病名もなくホッとしたんです。

 

熱が、

そう、

風邪だったのかもしれません。

 

その後に、脳波の検査も受けに行きましたが、

特に異常もなく、今も健康にしています。

 

 

PS リトルカブは50ccなんですが、バイク屋さんで小型登録にしてもらい2人乗り可能だったんです。

この下の子太っちょで、自転車の二人乗りがキツかったんです。

いつも嬉しい顔をして後ろに乗ってくれていたんです。

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram