カナダ紀行3

そう、やっと手続きが終わり、

荷物を探しに行きました。

そうしたら、ない。。。

私の荷物、バケット。

 

仕方ない、近くを通りかかったスチュワーデスさん、

現キャビンアテンダントさんに、

話しかけたのです。

つたない英語でね。

チケットを見せながら。

 

「私はこの飛行機に乗ってきた、私の荷物がない、どこですか?

これを、繋がりのない、単語を組み合わせて言った訳なんだ。

「指をさして、向こうの方」と言われたんだわ。

「はい!」と言い、

そうしたら、ゲートナンバーと同じ所の脇に、

一つぽつんと置いてあったの。

 

やったー、やっと外に出られる。

と思って、外に出る。

 

彼は、いない。

待ちぼうけが1時間くらいだったと思う。

この飛行機に乗っていたのだろうかと不安になりながら、

待っていてくれたんだと思う。

 

うろうろすること15分、いやや、やっと会えました。

 

そしたらまた問題が、笑

 

コーヒーが好きなのを覚えてくれていたのか、

あの濃いコーヒーを買ってきてくれたのです。

そう、その名は「エスプレッソ」

長時間の旅に、寝不足、

そこに濃いコーヒーを飲んだら、

胃の調子が、なんとなく気持ち悪い。

 

そう、その状態で、

夕食へ。

途中で待ち合わせてくれていた、

そう、彼もたくんさん待ちぼうけしてくれていたんだな。

大きな友達のカナダ人と一緒しました。

 

イタリアンの店。

やっぱりパスタは大盛?

モントリオールでは普通ね。

食べられません、あんまりは、、、

そう、食べないのも悪いからと、少し食べましたがね。

 

それから少し私の胃も落ち着いて、

バーへ移動です。

そう、モントリオール、ダウンタウンのディスコみたいなバーね。

 

まぁ、楽しいこと。

 

そして、モントリオールの一日目、いやカナダ一日目は終わったのであった。

 

お疲れ様でした。

 

 

Jenny♥

 

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram