明治神宮参拝

新宿に来てから、方位の良い方向に、

明治神宮があるので、行かなければ、今日自転車で行ってみた。

 

入口は三ヶ所あるけれど、一の鳥居から入るように、

明治神宮前駅の方面から入ることにする。

 

空は紺碧に晴れ渡り、ご挨拶日和となっている。

南池の御釣台に立つと、足音からエサをくれると思うのか、

大きな口をのんびりと開けながら、鯉がゆるやかに泳ぎながら近づいて来る

少しの時間、鯉の動向を見守り、ああ生きているんだと改めて感じる。

 

一人暮らしになって、帰る時間も、何の制限もなく、

ゆっくりとした時間を過ごしたのは、初めてだろうか。

 

家族が居たって、別に気にするもんじゃないけれど、

何の気負いもなく楽しんでいる自分を改めて思う。

 

途中にトイレがあったので立ち寄ると、洋式の便座に電気が入れられて暖かいのに感動した。

周りの手入れもキレイにされていて、この寒い日には、とても有り難いことだと、感謝の念が生まれる。

 

次は、金運に良いとされ、待ち受け画面には最適の、清正井(きよまさのいど)に行ってみた。

 

道順通りに進んでいるだけなんだけれど。

 

いつだっただろうか、何度か訪れた事のある、

富士の水の澄んだ、何m先の底まで見えると言う、忍野八海を思い出した。

そう、湧き出る水には、その上の景色が、まるでそこにあるかの様にキレイに写し出されていました。

 

金運にいい、と簡単に言うにはもったいない程の自然が、そこにありました。

 

それからは、本殿に参拝です。

二つ目の鳥居をくぐった時、三つ目の鳥居をくぐった時と、

肺に入り込む空気の澄んだ感じが違うのが感じられます。

 

お参りは、何故か有り難い気持ちに包まれて居ました。

それから、表参道、原宿、青山キラー通りをえて、自転車で帰って来た訳です。

 

自分で経験し、感じる事。

これは、とてもとても大切な事です。

 

ただ、金運にいいからと待ち受け写真を譲ってもらうだけでなく、

その場の空気、匂い、気配を肌で感じて、自分の感じ方を知って欲しいと思います。

 

情報は溢れて居ますが、その場で経験した事は、何者にも変えられない自分の肥やしになります。

感じる生き方をして生きたいと、あなたにもしてもらいたいと心から思います。

 

Jenny ❤︎

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram