言葉に愛をのせて

言葉に愛がのるから、

私は選んで話して行きたい。

自分が言われたら嬉しい言葉を、

のせて行こう。

 

私は完璧ではないのに、

正しいと思って生きてきた。

周りの人は、

そんな事はお見通しで、

私の過ちを正してくれるきっかけをくれる。

 

頭で分かっているのに、

行動はとても雑なものだった。

 

何が大切かなんて見失っていて、

酷い言葉を吐いていた。

大切な人だなんて言ってるくせに、

嘘をついていたようだ。

 

心に溜めるのは、

相手の欠点に目が行っている時、

自分の中のドロドロした物を、

相手の中に見出しているから。

相手は鏡。

自分を演じてくれているだけなのに、

自分の嫌なところを、

わざわざ出して見せてくれているだけなのに。

 

そう、

言葉に愛をのせて、

相手が気持ち良くなるように、

話して行こう。

 

広い地球で身近にいる人は、

とてもとても縁のある人。

会いたくたって、

会えない人もいる。

親、兄弟、姉妹、祖父母、

みんな居なければ、私はいないくせに。

 

愛をのせて話そう、

近くに居る人が、

気持ちよく過ごせるように。

 

内と外が同じであるように。

 

笑顔が、自然と美しくなるように。

人はどうでもいい。

まずは自分から、

言葉に愛をのせて行こう。

 

今日も一日、幸せでありますように。

 

Jenny♡

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagram